--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/15  ウィーン写真 第2弾 

ここ数日は、リンツでフィリップ(アフリカのツアーで一緒だったオーストリア青年)のお宅にお邪魔して色々観光したり、足を延ばしてバド・ガスタインという小さな温泉町やモーツァルト生誕の地で有名なザルツブルグにも行ってきました。そして今、慌ただしくインスブルグという町に移動している車中です。

なかなか遅れた分を取り戻せず、必死なところです。
さぁ、まだウィーンの写真が残っています(笑)。帰国前分!!

お世話になったご夫婦が住む町は、ペルチトスドルフという舌を噛みそうな名前です。
以前にも少し触れましたが、ここはウィーン中心部から車で僅か20分ほどの距離ですが、
葡萄畑が広がるワイン村です。俺がちょうど滞在していた時は、年に一度の豊穣祭がありました。日曜日の朝、3頭の馬を先頭に町の人々が伝統衣装に身を包んで、町中を練り歩き最後は教会に向かい、神様に感謝の意を捧げるというものです。
列の最後にはトラクターに引かれた大きなワイン樽がありました。町を挙げてのお祭りの様で、教会前の広場には屋台が出て、皆ワインを飲みながら談笑していました。
ガイドブックには絶対に載っていない、こういったローカルの行事を見れるのはとても嬉しいですね。
ウィーンにて ウィーンにて ウィーンにて ウィーンにて 

ウィーンには国立歌劇場(Stadopera)と少し大衆向けのフォルクス・オペラ(Volksopera)という2つの歌劇場があります。オペラとは全くご縁のない生活でしたが、ここは本場。折角の機会なので、見に行くことにしました。迷った結果、選んだのは『椿姫』。高級娼婦と純朴な青年の悲しい愛の物語です。初めてのオペラ鑑賞。ご夫婦に皮靴とジャケットを貸して頂き、オメカシして出かけました。会場(フォルクスオペラ)に着くと、多くのオーストリア人で賑わっていましたが、ちらほら日本人の方も見かけました。
こちらでは年間300以上の題目が行われるそうで、現地の人は意外にラフな格好の人もいました。 会場は写真で見たことのある、サイドに個室があるタイプ。
落ち着いた赤を基調としていて、ステージの前には楽団用のスペースがあり、音合わせに余念がありません。
ウィーンにて ウィーンにて ウィーンにて 

ギリシャの時とは違い(笑)、時間丁度に照明が暗くなり、静かに始まりました。
事前にストーリーを学習していたので、すんなりと見ることができましたが、しかしあの声量は凄いですね^^。響き渡る、響き渡る(笑)。
初めてのオペラだったので、良し悪しはわかりませんでしたが、本場で鑑賞できて満足です。
後日、今度は国立オペラ座の見学ツアーに参加しました。その日は夜に『セビリアの理髪師』が行われるそうで、裏方さんが大急ぎで舞台準備をしていました。2日続けて同じ演目を行うことはないそうで、その為毎回舞台準備が必要だそうです。時には夜を徹しての準備になる時もあるとか・・・。裏方さんは延べ1000人近くいるというから驚きです。
エントランスから、ラグジュアリー感が漂い、休憩用の間にもシャンデリアが吊るされ、豪華豪華(笑)。今現在は一番高い舞台正面の個室は昔ロイヤルボックスだったそうで、専用の休憩スペースがありましたが、そちらも豪華絢爛。貸し切ることもできるそうですが、数時間で数十万するそうです・・・。
見学後はすぐ裏手にある、“ザッハー・トルテ”で有名なホテル・ザッハーのカフェに連れて行って下さいました。入口に、平成天皇陛下のお写真があり、おもわず興奮&写真撮ってしまいました(笑)。チョコ嫌いの俺は残念ながら、一口しか食べませんでしたが、甘党さんにとってはとても美味しいようです。
ウィーンにて ウィーンにて ウィーンにて ウィーンにて ウィーンにて ウィーンにて ウィーンにて 



スポンサーサイト

[ 2008/12/15 03:11 ] 旅行道中編~Austria | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぽちゃムキン

Author:ぽちゃムキン
こちらをどうぞ~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者数
今現在見てる人
現在の閲覧者数:
星が見える名言集100
今日はどんな日?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。