--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

02/18  しっかりしてくれ、日本の同胞!!! 

今は宿でインターネットが自由に使えるので、暇な時にニュースを見ていてびっくりしました。

The“サケ・プロブレム”
中川財務大臣、辞任。各国で報道の記事。
中川大臣辞任(yahooニュース)←見ていない人見て下さい。ここを左クリック


俺はG7会見の‘事件’など知りませんでしたが、
アメリカのニュース番組で馬鹿にされ、今いるイギリスの国営放送BBCではキャスターが笑い転げる・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


BBCって日本のNHKみたいなもんですよね。
そのキャスターに馬鹿されて、笑い転げられるって、一体・・・。
まぁ、BBCあろう番組で他国の大臣を笑い転げること自体そのキャスターの品格も疑われますが、それも彼らの一つの本心なのでしょう。


完全に見くびられてる。


問題の会見も見ましたが、欠伸するわ、自分と勘違いして他人の質問に首突っ込むわ、ひどいっすね。
あれじゃぁ、笑われても仕方ない。


そして、その後の政治家のやり取りも情けないっす。
『酒を飲んだのか??』
『飲んでいない。たしなんだ。』
『たしなむとはどの位か??』
『コップ1杯。』



はっきり言います。



この質疑応答、




まじ、どうでもいい。


野党は飲酒量にやっきになり、本人もどうでもいいことをあれこれ弁解する。


なんか、今回は一連の事に本当にがっくりきました。



偉そうに言えないけど、言わせて下さい。






レベル低すぎっしょ。
お前ら日本の代表だろ。
心に誇り持ってんのかよ。
お前らは紛れもない一人の人間で、
何より一人の日本代表なんだぞ。
他の国の連中に苦笑されるようなことやってんじゃねぇ。












今回海外に出てみて、海外で暮らすor旅行中の日本人に多く会って、話すこと・感じること。それは、

“我々日本人が如何に自分達の国を、自分達の国籍を意識していないか。
日本人としてのアイデンティーが無いか。”

ということ。
そして、



“日本の国って良いな。素晴らしいな。
日本人って凄いんだ。”



ということです。

これは自惚れではなく、本当に感じます。そして、海外に出た人はみんな口々に言うんです。


今まで少し憧れもあって見ていた連中の国を実際に見てみて、違和感や憤りを感じ、
逆に今までネガティブ気味に見ていた自国に対して、愛国心と誇りを感じる。


海外も良いとこあるけど、悪い所もあるんだな。
日本も全然世界に胸を晴れる国なんだな。


海外に出て、日本を外から見て初めて気づけること。

正直、これはこの旅で俺が収穫した大きな大きな発見です。


こんなこと書くと、ナショナリストだ、国粋主義者だ、と言われるかもしれない。






なら、あぁ、ナショナリストで結構。



なら、あぁ、国粋主義者で結構。




だが、俺は紛れも無く日本人で、紛れも無く日本を愛している。

そんな人には、
『人のこと批判する前に、評価する前に、お前はこの基本的な日本人の心持ってんのか。』
と逆に聞いてやりたい。
無いならお宅様のお好きな国行って、実際に住んでみればいいでしょう。

出れば必ずわかります。

まさに、隣の芝は青く見える。
日本にいると、全てが当たり前のことなので、気付けないことはあると思いますね。


この旅では、自分の国を否定的に捉える外国人見たことありません。
何やかんや言って、みんな自分の国に誇り持ってます。

残念ながら、時々日本には
『お前、じゃあ何人??』
と聞きたくなる様な、‘日本’に対して否定的意見ばかり言う人いますが、日本では通用しても、それを海外でやると馬鹿にされるだけです。
そのこと自体が、まず世界ではお粗末で、恥ずかしいことですね。



俺はこの旅で、理解のできる、わかってくれる外国人には、少しでも俺の祖国のことを良く感じて欲しい。


だから俺は日本代表の心意気でこの旅をしている

たかが、一人の雑魚い人間だけど、心は誇り高くやっているつもりです。


笑われても構わないけど、本気で日本代表のつもりです。


だからこそ、同胞たちの醜態に腹が立つし、何より悲しい。
もっと日本人の誇りを内に秘めて欲しい。



コラ、俺の足引っぱんじゃねぇ!!!!!!!!
平和ボケすんな!!!!!!!!
日本にいようが、海外にいようが、
常に自分に、
常に日本人であることに誇りを持て。
頑張れ!!!!!!!!!!!!





もうこんなニュースは見たくないロンドンです。
スポンサーサイト

[ 2009/02/18 05:53 ] 随筆集(旅を通して感じたこと) | トラックバック(-) | CM(8)
コメント有難うございます^^。いやぁ、嬉しいものですね^^。
日本はまじ良い国です。
その中にずっと身を置いていると気付けないことも理解できます。マンネリじゃないけど、“当たり前”になってしまうんですよね。俺も日本にいた時はこんなこと全く感じませんでした。むしろ、ガミガミ言っていたかも知れません(笑)。
1年中灼熱地獄の砂漠に行ってみて、四季の美しさ、有難さを感じ、貧しい国々を見て、日本の豊かさ(あくまでも物質的な面ですが)を感じ、やっぱり外に出て気づけたことだなぁと感じます。

僕も日本に帰ってからもこの気持ちを持ち続けていたいです><。
[ 2009/02/26 05:13 ] ぽちゃムキン [ 編集 ]
世間にも平和ボケが蔓延しています、日本には四季折々の情景や、健康に良しとされる和食。。「mottainai」という言葉などなど、、良い所は上げたらきりがありません。良い所を見れない(当たり前になっている、又は見る余裕がない)のは悲しいですね。私は日本の素晴らしい所を見れる気持ちを持ち続けていたいと思います。
[ 2009/02/25 00:41 ] しふぉん [ 編集 ]
皆様、熱い熱いコメント有難うございます^^。

母上
あいだみつをさんも言ってましたね。“しあわせはいつも自分の心が決める”って。論語でも内省の大切さは繰り返し言われています。本当に己の内面ですね。知行合一でありたいものです。

日比野さん
お久しぶりです^^。コメント有難うございます。ほとんど家族間のラブラブ・ブログ化してますが・・・(笑)。
有楽町ガード下、懐かしいですね^^。いつも部外者の俺にも親切にして頂いて有難うございます。今年の“ガード下集合”には行きたいですね^^。

姉上
姉上まで熱いコメント。やはりI家はみんな内に熱いもの秘めていますね^^。これも親父、おふくろの子ってことでしょう!!
ここまで“宗教”を意識する旅になるとは思わなかった!!
そして、ここまで西洋の連中にムカつくとも思わなかった・・・(笑)。本当にくそ野郎多いぜ(笑)!!昨日もリオ行きの機内で典型的な例がありました。また、ブログに簡単に書きます。
俺思うけど、“茶道”も最高にいかす日本文化だね。ワビサビ。単純思考、簡略化大歓迎のやつらにはわかるまい!!
ほぉ、超喧嘩腰のコメントでした!!v-8
[ 2009/02/20 20:25 ] ぽちゃムキン [ 編集 ]
テツ、

お久しぶり。今日は偶然にも(?!)声が聞けて安心しました。それにしてもまだ鼻声だったね。くれぐれも気をつけてね。
私も恐怖の「花粉症」が始まり、テツ同様、鼻をすすり目をこすりクシャミを連発。。。つらぁ~い(TT)

いやぁ、久しぶりにブログをイッキに読みました。(ちなみに去年帰国時(11月)の頃の記事から。。。ごめんよ)

相変わらず‘熱い’ねぇ~(笑)。「テツ健在!」安心しました(笑)。
テツが帰国した暁には、またアレやコレやと語り入れたいな・・・と今から楽しみです(^^)。

とりあえず、いくつか‘熱い’コメント返します(笑)。

まずは、今回の中川大臣の一連の「事件」。
テツの言ってることはごもっとも。これにもうひとつ付け加えさせてもらうと、中川さん本人は勿論のこと、これは周りの人間にも問題があったのでは?‘チーム’を引き連れ、あれだけの要人も隣に座っていながら、なぜ誰も会見を止めなかったのか?会見の前であれ途中であれ、異変に気付いた時に誰かしらがすぐに何か手を打つべきだったと思います。プロ集団だったのであればね。

次に、宗教云々のブログ。
熱かったね(笑)。でもテツの解釈面白かった!感心しました。

これはなかなか難しい問題だよね。簡単には言い尽くせない。でも、答えは意外と簡単な気もします。。。ん?既に矛盾してる?(笑)

何を「信仰」しどの「宗教」を持ったとしても、結局はその人(己)の心の問題だと思います。テツが言うように、
>俺は、道徳的、人道的な日常の行いを学ぶのが“宗教”であるべきだと思います。
大事なことは、宗教の教義や種類、如何に熱心に信仰するかなんかじゃなく、『信仰する人それぞれが何の為に“宗教”を信仰し、そこから何を学び日常に生かすか。』ではないか、と俺は考えます。

>はっきり言ってしまえば、どの宗教も所詮は人間が創造したものであり、その源泉を辿ればどれも信憑性に欠けるように感じます。誰が偉人の存在を、教えを忠実に証明できるでしょう。伝言ゲームと同じで、少しの表現の違いが後々大きな違いになる。
だからこそ、教義云々ではなく、己の“宗教”を客観的に見て考えることが重要だと思います。
教義の全てを頭から信仰するのではなく、良きものは良きとし、悪きものは悪いとする。 
世界中の全ての国が同じ一つの宗教にまとまれば最高でしょうが、そんなことは現実的に有り得ません。であるならば、“宗教”は自分とは違う人間、つまり‘他人’との接し方や道徳的事項に重きを置くのが良いと思います。


まさしく、同感。
「信仰」と「宗教」は大きく違うものですが、でも大事なことはどちらも‘理性’を持って考えることが必要なのだと思います。

まだまだテツの旅は続き、今後も宗教について聞かれ意見を求められることがあるでしょう。以下はそういった時の参考にしてみて(^^!

神道とは・・・
神道の基本には、自然とも人間とも強調して安心して明るく楽しく暮らすことが望ましいという発想があります。
神道には難しい戒律はないかわりに「自分の良心で判断して正しいと思ったことを行え」と説いています。
誰もが楽しく平和に(心)豊かに生活できる世の中にするにはどうすればよいかを自分で考え、人々のためになることを行いなさい、と(天照大神から始まった)日本の神様は教えています。また、自然はかけがえのないものであり、あるがままの美しい日本の風景を保っていくためには動植物を大切にする自然保護の考えも教えています。(残念ながら、この心は日本国内ですら衰えつつあるけどね・・・)
そして、「人間は罪の子です」と説く宗教もあるけれど、神道では「人間は誰もが生まれながらに五つの良い心をもっている」と説いています。
<清い心、明るい心、正しい心、直(すなお)な心、赤き心(熱き心)>
これがある限り、誰もが神の心にかなった前向きな生き方ができる、と。
ちなみに、釈迦も同じようなことを言っています。
「神も人間も仏も同じです。あなたも自分の中の清らかな神の部分、仏の慈悲にあふれた優しい愛の強く正しく明るい部分を増幅するよう心がけなさい」と。


どの教えをとるかは当然各自の自由だけれど、私としてはせっかくなら「私は卑しい人間だから」と思いながら過ごすより、自分を律しながらも前向きな考えを持って過ごすことの方に好感を持ってしまうのよねぇ。。。

あるいは、(十戒)「汝殺すなかれ」「汝姦淫するなかれ」「汝盗むなかれ」「汝の敵を愛せよ」「汝・・・」という教えのもと、「神の御名において」と言いながら虐殺し土地をのっとって隣国同士ドンパチやって憎み殺しあっているのをみると、どうも『・・・。説得力に欠ける・・・。』と思ってしまうのよねぇ・・・。


あぁ、ツラツラ書いていたらもうこんな時間(午前4時半)になっちゃった・・・。まとまりもなく、書きたいことはまだ沢山あるけれど、これ以上起きていると、なにしろお肌に悪い!ので、今日のところはとりあえず寝ます。。。(^^;

まぁ、「歩々是道場」。
ということで、お互い前向きに、何事にも感謝して過ごしましょう。

結局のところ、テツの『俺の“宗教”は、武士道』。いいと思います。


いよいよ南米。くれぐれも、くれぐれも!気をつけて!!


P.S. あ、そうそう、今度は「道」(どう)についても考えてみてね。
これも基本は、自己の精神の修練だから宗教ともつながってるね。。。って、くどい?!
おやすみzzz。。。

[ 2009/02/20 04:30 ] 姉 [ 編集 ]
有楽町ガード下でお世話になりました。ドクターOの先輩です。

娘と一緒に帰国をお待ち申し上げております。

[ 2009/02/19 16:30 ] 日比野 [ 編集 ]
宗教についてのブログ興味深く拝読しました。いろいろと勉強していますね
(^^)!今年、年頭に「禅」という映画を観てきました。静かに涙が頬を伝わってくるいい映画でした。
道元は、「人間の生命と宇宙を司る生命(神)は、全く同じであり、これを‘万物一体”という(内在の仏性・極楽浄土は己の内に在り)」と。ちなみにキリストも‘神の国は汝の内に在り”と言っています。 また道元は、「仏法かならず 人をあわれむことあるなり」と。すなわち、宇宙を司る神
(先祖含む)に感謝し、今ある自分のあるがままを受け入れ(不忘念)合掌し続けるならば、思いがけない素晴らしい 縁 が起こる。そしてどんな困難に直面しても、内在の仏性を呼び出だすならば、困難を克服する力と、知恵が涌き出でてくるのである・・・と教えています。お母さんもそう思います!!現象をみて一喜一憂しなくていいのですよ。奥にある実相を観る努力をしてくださいね(^。^)お母さんは、一つの○○宗教・○○宗派などには属してはいませんが、どんな宗教であれ 天地万物を司る神(宇宙)は、ただ一つ!!だと思っています。
今まで経験した事・これから体験するであろう事は、一つの無駄もありません!‘あるがまま”を受け入れて 全てに感謝しつつ 信念を持って 旅 を続けてください。いつも祈っています!!!   母より  最後に道元の言葉です 「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて冷し(すずし)なりけり」 
[ 2009/02/19 12:49 ] 母 [ 編集 ]
にしけんさん
熱いコメント有難うございます!!本当にこうやって共感してもらえると嬉しいですね。
正直書いた後は、たかだかこんなしょぼいブログにこんなこと書いて良かったのか自問してました。“俺、何一人で熱くなってるんだろう??”って^^;。
でもこうやって熱いコメント貰うと、続けていて、書いて良かったなと思います。
恐らく、日本にいる時は恥ずかしくてこんなこと言えないだろうし、もし誰かが同じこと言っていても以前は『ふ~ん』程度しか俺も聞かなかったと思います。
でも今は自分の体験を通して、現在進行形で語れるわけで、こうやって書ける人は限られている。なら、例え笑われても、書かなきゃいけないのかなと思っています。
俺の文章を通して、読んだ下さった人がもちろん共感してもらえたり、或いは何か感じて、考えてくれると嬉しいです。

俺も日本が大好きになりました^^。

にしけんさんも、楽しい体験ももちろんたくさんあるでしょうが、色々と苦労もあると思います。
お互い、日本代表でやっていきましょう^^。

俺はイチローにもダルビッシュにも松坂にも負けませんv-218
[ 2009/02/19 08:08 ] ぽちゃムキン [ 編集 ]
以前にコメントさせてもらいました。お久しぶりです。ってブログはいつも読ませてもらってましたけれどw
今回の内容めちゃくちゃ共感してます!僕も今海外にいて、日本人が馬鹿にされてるような内容のことを言われると猛烈に腹が立つようになりました。自分と関係あるなしは別で。同胞ですから。日本がなめられるのも日本人がなめられるのも我慢できなくなりました。でも日本にいた頃はあんまりそういう気持ちは持ってなかったんですよね。日本の良い所よりも悪い部分を異国の人と接する時には伝えてたような気がします。でも外に出てみて180度感覚が変わりました。ほんと書かれてる通り誇れる部分すごいあるんですよね。というか仮になかったとしても自分の生まれた国を誇るべきだと思います。今回読みながら「やっぱそうなんだよ!」って口にだしちゃいました。長々すみません。最後に「日本代表の心意気でこの旅をしている」コレくらいました。やばいです!
[ 2009/02/19 07:34 ] にしけん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぽちゃムキン

Author:ぽちゃムキン
こちらをどうぞ~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者数
今現在見てる人
現在の閲覧者数:
星が見える名言集100
今日はどんな日?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。