--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

04/10  南米のパリ、ブエノス・アイレス 

今はブエノス・アイレスに1週間程滞在しています。
“南米のパリ”と言われているだけあって、歩いている人も大半が白人だしほとんどヨーロッパですね。ブラジルに比べると、ぐっと白人率が上がります。
治安も中心部はそこまで悪くはなさそうです。

まずはモンセラート地区に行きました。ここからブエノス・アイレスの歴史は始まったと言われる、最も歴史ある地区です。
高層ビルに交じって古い教会が点在しています。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 

“5月広場”は市民憩いの場であると同時に数々の歴史の舞台になった場所です。1810年、この広場前にあるカビルドという建物でアルゼンチンの独立が宣言されたそうです。ということは、来年は独立後200周年なんですねぇ。
そして、この広場前には大統領府“カサ・ロサーダ(ピンクの家)”もあります。
エビータの愛称で今でも絶大な人気を博す故ペロン大統領夫人エヴァ・ペロンの演説を聞きに当時大勢の人々が詰めかけたそうです。また、マラドーナ率いるアルゼンチンがワールドカップで優勝した時、大統領府に凱旋したチームを一目見ようと約5万人の人々がこの広場を埋め尽くしたらしいです。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 

広場の一角には、大聖堂もあり、中には南米解放の英雄サン・マルティン将軍の棺がアルゼンチン・チリ・ペルーの聖女に囲まれて安置されています。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 


こちらが独立宣言が行われたガビルド。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 

5月広場を後にして5月通りを西に歩くとまもなく、数々の文豪や芸術家がこよなく愛した市内最古のカフェ“カフェ・トルトーニ”があります。
ブエノス・アイレスにて 

更に歩くと、国会議事堂広場と国会議事堂に着きました。広場にある“考える人”の前で俺も人生を思案します。
ブエノス・アイレスにて 

噴水の背後に国会議事堂が見えます。
ブエノス・アイレスにて 

国会議事堂に近づいてみると、何やら騒がしい雰囲気。多くのメディアがいて、通りは警察官によって厳しく規制されています。翌日はフォークランド紛争追悼記念日なので、その類かと思ったら、後でわかったんですが、3月31日にアルゼンチンが民政になってから初めての大統領だったアルフォンシン大統領が亡くなったそうで、国葬の準備をしていたんですね。軍政から民政に変わったということで、絶大な人気があったそうです。
国会議事堂付近は追悼に訪れた人々でいっぱいでした。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 

その後7月9日大通りに戻り、世界3大劇場のひとつ“コロン劇場”に行きましたが、改装中で見れず、外観だけです。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 

宿に帰り途中歩いたフロリダ通りは、ブエノス・アイレスのファッション発信地区で地元の人々や観光客で賑やかでした。通りには様々なパフォーマーがいて楽しいんです。
俺はレゲエグループが気に入ってCD購入しちゃいました。楽しそうにやっていると、こっちまで楽しくなります^^。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 

スポンサーサイト

[ 2009/04/10 05:37 ] 旅行道中編~Argentina | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぽちゃムキン

Author:ぽちゃムキン
こちらをどうぞ~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者数
今現在見てる人
現在の閲覧者数:
星が見える名言集100
今日はどんな日?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。