--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

04/10  国葬に遭遇 

翌日はパレルモ地区にあるエビータ博物館に行きました。
私生児だった不遇の幼少時代からその後女優になり、ペロン大統領に見初められファーストレディーになった彼女は、後半生は福祉に力を入れた女性政治家として活躍し、わずか33歳で白血病により亡くなりますが、美貌とその波乱に満ちた人生もあって、アルゼンチンではとても人気があるそうです。
ほとんどがスペイン語表示でよくわかりませんでしたが、非常に愛されていたことはわかりました(笑)。薄暗い照明の中で不気味に光るデスマスク(死仮面)は迫力ありましたね。
ブエノス・アイレスにて 


その後折角だからエビータのお墓参りをしようと、市内随一の高級地区にあるレコレータ墓地に行くと、これまた物凄い数の人々とメディア。上空には何機かヘリコプターが旋回し、物々しい雰囲気です。
前回の日記で前述した、故アルフォンシン大統領の国葬が営われ、ちょうど遺体が墓地に到着した所でした。ということで、残念ながら墓地は当然入場禁止。
周囲には名前を呼びながら泣き叫ぶ人や、アルゼンチンの国旗を振りまくる人など、熱狂的な支持者がいて、ちょっと異様な雰囲気。写真を撮るのも恐る恐るです。
棺は騎兵隊に先導されて運ばれてきたのですが、ビックリしたのは、棺が開けっ放しの状態で運ばれてきたことです。国会議事堂から墓地までは結構距離あります。歩いて30分弱の距離。そこをオープンのまま運ばれてきたと考えると、“アルフォンシンさんもおちおち休めないなぁ。”などと考えてしまいました(笑)。顔は人だかりで俺は見えませんでしたが、日本じゃちょっと考えられないですよね。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 

日本にいたら恐らく全く耳にすることはないニュースでしょうが、こちらでは大ニュース。
まぁある意味貴重な体験でした(笑)。
スポンサーサイト

[ 2009/04/10 05:45 ] 旅行道中編~Argentina | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぽちゃムキン

Author:ぽちゃムキン
こちらをどうぞ~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者数
今現在見てる人
現在の閲覧者数:
星が見える名言集100
今日はどんな日?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。