--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

04/10  タンゴの故郷、ボカ地区 

3日目はタンゴ発祥の地にして、南米の有名サッカーチーム“ボカ・ジュニオールズ”の本拠地ボカ地区に行きました。
以前ボカ地区はブエノス・アイレス随一の港があり、数えきれない移民がこの地から南米に上陸したそうです。当時のボカには造船場があり、賭場や安酒場は多くの労働者や船乗りで溢れていたそうで、そういった薄暗いバーの片隅から官能的なタンゴは生まれたそうです。
現在のボカ地区は低所得者層の居住地らしく、治安はあまり良くないと聞きましたが、“カミニート”と呼ばれるカラフルな家々が建ち並ぶエリアやサッカースタジアム付近は観光客も多く、そこまで危険を感じませんでした。


こちらは『橋を渡った向こう側は絶対に行くな!!』
と言われた地区。興味をそそられましたが、もちろん我慢我慢(笑)。
ブエノス・アイレスにて 

有名な“カミニート”。
ボカ出身の画家、キンケラ・マルティンの発想のもと家の壁を大胆に原色で塗り分けられており、有名な観光名所です。通りには、タンゴダンサーやマラドーナのそっくりさん、大道芸人がいて賑やかでした。
家々の壁には昔の様子を記した彫刻や壁画があります。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 



カミニートから数ブロック歩くと、住宅の向こう側に見えてきました、“ボンボネーラ(お菓子箱)”!!
チームカラーの青と黄色がド派手です(笑)。
かつてマラドーナ、リケルメ、テベスといったアルゼンチンを代表する選手がプレーし、あの高原選手も一時在籍していたチームで、サポーターはかな~り熱狂的として有名です。
特にゴール裏の過激サポーターが集まるエリアは、襲われる率が高く、この旅では実際に襲われた旅人に何人か会いました(笑)。
よく見ると所々窓割れていますけど・・・(笑)。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 

この日は試合が無かったので、博物館やスタジアム内にも入ることができました。
やっぱりアルゼンチンの英雄はマラドーナです^^。
ブエノス・アイレスにて 

そして、高原選手の写真もありました。その他歴代のユニホームも。
ブエノス・アイレスにて 

そして見えました、スタジアム!!俺はあまりサッカー詳しくありませんが、さすがにちょっと興奮^^。
ブエノス・アイレスにて 

日本のスタジアムに比べるとだいぶこじんまりした印象です。
ブエノス・アイレスにて 

こちらがそのヤバいエリア(笑)。ピッチがすぐそこにあります。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 


スタジアムを後にして再びカミニートに戻ると、各レストランで観光客向けにタンゴ・ショーが行われていました。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 

通りではタンゴ・ダンサーと記念撮影している人も^^。この後お金を請求されて揉めてました(笑)。
ブエノス・アイレスにて ブエノス・アイレスにて 




最後の写真は、後日試合日にスタジアム周辺で同じく安チケットを求めて彷徨っていた観光客の人々(笑)。メキシコとペルーのおっちゃんがダフ屋と交渉してくれましたが、高かったのでカミニートに移動し、ビール飲みながらテレビ観戦しました(笑)。
ブエノス・アイレスにて 
スポンサーサイト

[ 2009/04/10 06:39 ] 旅行道中編~Argentina | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぽちゃムキン

Author:ぽちゃムキン
こちらをどうぞ~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者数
今現在見てる人
現在の閲覧者数:
星が見える名言集100
今日はどんな日?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。