--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

03/10  無形財産 

先日早朝にこのブログのメッセージフォームから数年ぶりにメッセージが届きました。検索しても見当たらないであろうマイナーなブログからわざわざメッセージを送ってくれる人は稀有な存在で、しかも旅行を終えてから8年も過ぎています。
驚きながら開くと2行の短いものでした。

“現地時間3月4日 午後4時ごろ 谷垣先生が亡くなられたそうです。
悲しくてなりません。”

嘘であってほしいと願いながら慌てて検索しましたが、これだけ情報豊富な世の中なのにインターネットでもなかなかヒットしません。連日検索を続け、今朝になってやっと先生の郷里である京都新聞からわずかに記事が出ました。悲しく、残念です。

アフリカ最貧国で40年に渡り、独力で地域医療の発展に、身を粉にしてといっては軽すぎる、僕のつたない語彙力では本当に表現できないほど、…結果的には自分の命と引き換えにまで途上国医療に貢献された先生です。
2008-2009年の世界一周の目的は2つあって、一つはインターネットや活字ではない世界中の生の空気を感じること、そしてもう一つは谷垣先生に会いに行くことでした。
なぜ先生を知ったのか・先生に会いに行く道中の経過はブログにあるので省略しますが、自分の人生観・価値観を大きく変える出逢いであったことは確かです。
この出会いだけでも、旅行に行った価値はあると思うし、それこそ僕の心の中に残る無形財産であると断言できます。
同業者としてという狭義では収まりきらない、間違いなくこれまでの人生の出会いの中で片手にも満たない、自分自身にとんでもない影響を与えて下さった方です。

先生との出逢いで学ばせて頂いたこと
①人間の力量・医師の力量とは、学歴や肩書き・社会的地位・手先の器用さなどだけではない。もっともっと大切な指標がある。自分の中でその指標を絶対に忘れない。

②人として謙虚な心を忘れない。医療者として自分の力量をわきまえて、決して己を過信しない。

③周りの情報やエゴに負けず流されず、自分の信じる生き方・生き様を大切にする。


今後もこのことを常に意識して忘れず、日々過ごしていきます。

今頃、愛する奥様と一緒にアフリカの地に眠っていらっしゃる先生。
一緒に過ごした3日間、先生と病院から自宅に戻ると、『岩畔さん、ちょっとここで待っていて下さい。』と言って、必ず一人で墓前に向かわれていた後ろ姿を忘れません。
今頃再会して、奥様と昔の思い出話などされているのでしょうか?それとも、奥様にその後の孤軍奮闘ぶりをご報告されているのでしょうか?それともとことん寡黙に過ごされているのでしょうか(笑)?

先生との出逢いは僕の財産で、出会えたことに本当に本当に感謝しています。素敵で格好良い先生でした。有難うございました。ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

[ 2017/03/10 12:26 ] 旅行特別編~Dr.Tanigaki/谷垣先生関連 | トラックバック(-) | CM(1)
現地の人と同じ生活をして、同じ目線に立って、アフリカ人によるアフリカ人のための、自立した医療を目指した点が特に素晴らしいと思います。谷垣先生は、『今の先進国のやり方では、いつまでたってもアフリカは先進国に依存するだけで本当の意味では自立できない。甘えたままでは彼らのためにもならない。彼らが彼らの力で継続して行える医療こそが、この地では大切なんです。先進国の医療・死生観と、アフリカのそれは全く違います。』と静かに、しかし熱くおっしゃっていました。
実は同じ旅行で他の日本のボランティアを見学させてもらいました。アフリカ最大のスラム街での医療支援という広告フレーズに期待して行きましたが、谷垣先生のスタイルとは大きく違うものでした。
僕は途上国における医療支援、現地に赴く活動自体を否定するつもりはありませんし、その精神性自体は素晴らしいと思います。世界で一番平和な国に住む恵まれた我々にとっては、海外のどこの地域も日本と比べればリスクを伴います。特にアフリカは治安や病気の面で不安が大きいのも事実ですし、安全最優先なのも重々わかりますが、門衛付きの高級マンションからスラム街に通うのには違和感を感じざるを得ませんでした。現地の人達をどこか上から目線でみていて、自己満足に浸っているのではないかと感じてしまったんです。谷垣先生のような必死さ、目の前の問題に立ち向かう悲壮感・緊張感といったものがあまり感じられなかったんです。そしてそのSNSを見て日本から寄せられる“イイね”の数にも。
だから、僕はその団体に素直に寄付することが出来ませんでした。
何事も自分の目で、肌で直接感じなければと、痛切に感じた体験でした。人の噂や批評ほどあてにならないものはない。
確かに貧しい人から見たら、医療という恩恵を直接感じられるし、感謝されるのは当然です。一見win-winな関係にも見えますが、一歩間違えれば谷垣先生の危惧される主従関係や価値観・文化のおしつけ、自己満になる危険性を含んでいると思いました。
大好きなので度々出しますが(笑)、ウルグアイのムヒカ元大統領は大統領時代、自分の給与の9割を寄付し、1割+自給自足の生活を送ったといいます。その信条は、『政治家は国民の代表である。大多数の人と同じ生活をしなければ国民の本当のことを知ることはできない。彼らの生活が豊かになれば、その分自分の生活も豊かにすればいい。』。
選挙前になれば急に必死に笑顔を振りまき、選挙活動に莫大なお金をつぎ込み、多額の資産を持ちながら、『国民の皆さんの生活をもっと豊かに…。』と、あたかも国民目線でいるかのように振る舞う政治家に違和感を感じるのと近いかもしれません。
目先のことだけではなくて、先のことも見据えて相手方のことを考える。熱い心をもって、謙虚に振る舞う姿勢。同じ支援でも将来の可能性はかけ離れているように感じます。
そこが谷垣先生の医療支援の凄いところです。
[ 2017/03/11 16:52 ] ぽちゃムキン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぽちゃムキン

Author:ぽちゃムキン
こちらをどうぞ~

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者数
今現在見てる人
現在の閲覧者数:
星が見える名言集100
今日はどんな日?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。