--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

03/20  命を燃やす人たち 

普段、
なんとなく(意識せず)仕事して、
なんとなく(意識せず)飯食べて、
なんとなく(意識せず)寝て、
なんとなく(意識せず)生きている自分。

仕事をしたくても出来ない人、
飯を食べたくても食べれない人、
温かい布団にくるまれて寝たくても寝れない人。
そいうい人達がいることを思うと、
“なんとなく”
“意識せず”
生きれることは本当に恵まれていると思う。



当たり前のことが、当たり前に行われるって凄いことですよね。



その一方で、果たして自分の“命”は今燃えているのだろうかと、思う時もある。
他者からの評価ではなくて、
自分自身が自分自身を誉められることをしているかというと、?マークが出てくる時点で、今の俺はダメだ・・・。残念。



働かざるもの食うべからず



は尤もなことだが、しかし大半の人は働いて生きている。
しかし、その中で果たして自分の仕事に本当に心から誇り、充実感を感じて日々生きている人はどれくらいいるんだろう?
少ないじゃないかなと思う。



他人は騙せても、



自分は騙せない。





自分は原発事故は怖い。
正直、まんまとテレビ・マスコミに煽られていることを自覚している。
たぶん心配しすぎなんだろうけど、安心できない。
だって、放射線は目に見えないし、原発・原子力に関する知識だって皆無なんだから。


そんな中、各国の大使館が大阪に一時移転したり、国外退避しているニュースを聞くと、尚更不安は募る一方だ。


周りには、西に退避し始めた人達もいる。
子供・妊婦・他の若い人達、将来日本を背負っていく人たちは、万が一のことを考えて、安全が完全に保障されるまで西に退避していいと思う。


俺も正直行けることなら西に行きたい(笑)。


自我を優先させれば、今西に逃げるべきかもしれない。


今後、数十年のあいだ放射線の晩期障害の恐怖と対峙し続けることはできることなら避けたい。



でももしそういう行動を起こしたら、今自分を頼っている人を見捨てることになるし、それこそ自分が自分自身を恥ずかしく思うと思う。


その羞恥心をずっと抱いて生きることの方が辛いと思うし、
そう自分自身に言い聞かせている。




原発から数十kmのところで、俺なんかと比較にならないほどの恐怖と今も戦っている被災者の方達がいる。
計り知れない絶望感の中で、現場で必死に働いている医者がいる。



彼らのことを思うと、こんな俺はなんと恵まれていることか・・・。



昨日深夜、放水活動を終えた東京消防庁のハイパーレスキュー隊の方々の会見を見た。



節電中の薄暗い当直室で込み上げるものがあった。



そして、同時に



“今この人たちは命を燃やしているなぁ。”



と心底格好良く、心底羨ましかった。









皆さん、彼らの美しく澄んだ強い瞳を見てください。








関東首都圏を中心に、西に移動できた人も、とにかく、




今も“無事生きている”全ての人達は




震災直後から、不眠不休で原発の現場で戦っている、






東電ならびに関連会社職員の方々、




自衛隊の方々、





東京消防庁の方々、






他、全力で戦っている全ての方々のお陰で、



今こうして



“生かされている”ことを感謝しなければいけないと思います







小さなことでもいい、今自分に出来ることを少しずつやっていきましょう。



『東京消防庁ハイパーレスキュー隊 会見』
東京消防庁ハイパーレスキュー隊 会見


東京消防庁ハイパーレスキュー隊 会見
[ 2011/03/20 17:46 ] 帰国 其の後 | トラックバック(-) | CM(0)

02/27  最近 

世の中がずいぶんと物騒になっていますね。

北朝鮮と韓国。

エジプトの民衆デモに始まって、一斉にアラブ各国もピリピリムード。

追い討ちをかけるように、アメリカの間接的なイスラエル支持表明でさらにピリピリムード。

ヨルダン、バーレーンでは王室もピンチ・・・。

ニュースでいつも放映されるカイロの広場は、俺が行ったときは平和だったのになぁ・・・。

旅行で周った国もチラホラあってニュースを見ると複雑な心境になります。




よくわからないけど、国際情勢結構大事な局面にきている気がします。



結構大事な転換期にきてる気がします。



なんか人事じゃないんですよね。








そんな中、最近の日本人が海外に出て行く人が減少していると騒がれています。
旅行目的でも留学目的でも。



『俺には直接関係ないし。』的な感じなんでしょうか。



特に若い人の間で関心が低いようですが、これ結構問題なんじゃないかと心配です、正直。




インターネットもこんなに普及して、ある意味“世界”が非常に狭くなったのだからこそ、


“世界”を


“直接”


“体感”


することって重要だと思います。




昔みたいに、
船で何ヶ月もかけて旅をする時代ならまだしも、
パソコン一台で世界と繋がってしまう現代だからこそ、
コンピューターとかのツールを使わずに、
人と人・空気を触れる体験が重要だと思うわけです。






いつも“平和に”医療関連の仕事させてもらってますけど、この先この“平和”が続くのか、もしこの“平和”が破綻したら俺達日本人はどうなるのか、ふと真剣に心配になるときがあります。



昨日偶然見た石原都知事の定例会見は結構意味深くて、考えさせられました。



石原都知事にも一回会ってみたなぁ。。。

[ 2011/02/27 22:50 ] 帰国 其の後 | トラックバック(-) | CM(1)

09/27  スタッフ・ベンダ・ビリリ 

最近のマイブームは、民族音楽の芸術鑑賞です。
特にラテン系やアフリカ系のノリの良い音楽が好きです。
日本ではなかなかお目にかかれないと思いきや、探してみると結構やってるんですね~

この2ヶ月で鑑賞したのは、

1:カリブ海の国、ドリニダード・ドバコからスチール・ドラム・バンド『レネゲイズ』のライブ at 三鷹公会堂。
『レネゲイズ1』
レネゲイズ1

『レネゲイズ2』
レネゲイズ2


キューバのダンスパフォーマンス『ハバナ・ラカタン』at 東京国際フォーラム
『ハバナ・ラカタン』
ハバナ・ラカタン



アメリカのブロードウェイ・ミュージカル『In The Heghts』at 東京国際フォーラム
『In The Heights』
In The Heights




そして昨日はアフリカ、コンゴ共和国のグループ『スタッフ・ベンダ・ビリリ』のライブに行ってきました。

ベンダ・ビリリとは現地の言葉で“外見を剥ぎ取れ”⇒“内面を見よ”といった意味らしく、その名の通りバンドメンバー8名のうち、小児麻痺(ポリオ)による後遺症で下半身不随となった4人が車椅子、1人が松葉杖で生活しています。他3人も、内戦で両親を亡くしたストリート・チルドレンだったそうです。

このグループはもともとコンゴ共和国の首都キンシャサで路上生活をしながら、音楽をやっているそうで、その演奏を別の用事で来ていたフランス人監督が偶然街角で聞き、その音色とストーリー性に惚れ込み、5年かけてドキュメンタリー映画を作製したんだそうです。
『スタッフ・ベンダ・ビリリ』
スタッフ・ベンダ・ビリリ





その映画が今日本で順次公開され、しかも本人達が実際に日本に来ているんです!!
これは観に行かなくては!!と早々とチケットを予約し、昨日焼津まで行ってきました。

会場は、公立の劇場でしたが、最後はみんなスタンディングで熱狂。
しかもお爺ちゃん・お婆ちゃんも一部踊りながら、観ていました。
いやぁ、言葉に表現出来ないほど感動したライブでした。
映画の中で少年だった彼は、立派な大人に成長し、堂々としたパフォーマンスもめちゃくちゃ格好良かったですよ^^。

皆さん、興味湧いたら、
是非ドキュメンタリー映画を観て、彼らの音楽を体感して下さい。
渋谷のイメージシアターフォーラムで映画は見れます。
10月11日(祝・月)に日比谷野外大音楽堂で、
10月17日(日)に三鷹市公会堂で、

それぞれライブありますよ!!



勇気とか希望とか、言葉にしたら格好悪くなりますが、貰えます。

“心”にくる音楽です。

[ 2010/09/27 12:30 ] 帰国 其の後 | トラックバック(-) | CM(0)

09/14  友達の決断 

世界一周旅行では、日本国内では内弁慶な自分としては珍しく、友達がけっこう出来ました。

大半の人はみんな無事帰国してるけど、仕事を言い訳になかなか会えていない現状です・・・。
その分、密かにみんなのブログ等を追跡チェキラッチョしているのですが、今日久しぶりにブログを見たら、


一人の友達が、昨日フィリピンに旅立っていました。


医療関係に進んだ自分は、しばしば“世間の一般常識”が欠落していることを感じます。
特に、医療関係以外の“仕事”についてあまり知識がありません。
自分は大学時代は卒業論文なんてものは無かったし、就職活動もなければ、就職先だってある程度は自由な選択肢が与えられていました。
経済・政治などほぼ知識ゼロ・・・(笑)。
正直、旅行から帰ってきても、他に突出した技術が自分にあるわけではないので、医療関係の道以外に進むことは考えられなかったし、考えなかったし、再就職もそこまで大きな支障はありませんでした。
ある意味、本当に恵まれていたわけです。


だから、他職種の旅人が旅行を終えて、世界観・仕事観・人生観など
大きく変わった後に、“日本社会”に戻ってきて、その後をどのように過ごすのか
、とても興味があります。


一般的な意見からすると、我々の様な旅人は、
仕事を辞めて、世界一周旅行に出ただけで、十分奇抜な人種だと思われているのでしょうが、“自分達も地に足つけた生活をいつかは。”と考えている旅人は結構多いと思います。
寅さん的自由人は、ごく一部だと思います(笑)。
ただ、みんな
『今を後悔したくない。』という気持ちと、
『海外に行ってみたい。』という好奇心と、
『行動に移すせっかち感?行動力?』が、
人一倍強い人間なだけだと思うのです。



彼は、帰ってきてから数ヶ月ゆっくり過ごしていたようですが、再就職の地として海外を選択しました。
そして、以前のコンピューター関係の仕事とは違った仕事を選びました。


彼がどのような気持ちで、その決断を下したのか、とても興味ありますが、昨日出発してしまったとは・・・。
更に、次回の帰国は未定な様です・・・。
  


残念!!もっと早くに気付いていれば!!



正直、今の自分はそういった海外に飛び出す行動力、勇気が羨ましいです。
最近、自分は海外に出たら、どこまで通用するのかな、とふと考える時があります。
俺も海外に出てみたいなぁという漠然とした思いはあるのです。

しかし、年々“守り”傾向になっていく自分を感じているのも事実。

“安定”という安心感にもとても惹かれている自分がいます。

昨日、キューバを愛する知り合いの方のレストランに行きましたが、
若い時はいくらでもやり直せるんだから、どんどん出て行かなきゃ。小さくまとまりなさんな。
と言われ、思わず苦笑いしてしまいました。
“わかります!!わかります!!でも・・・・・・”という自分がいました。






今は、友達の下した決断に、勇気にパワーを貰いながら、




靖国のお守りを胸に、フィリピンに旅立って行った、
彼の“時間”が、充実したものとなるよう、
願わずにはいられません。


[ 2010/09/14 23:14 ] 帰国 其の後 | トラックバック(-) | CM(0)

08/16  1年に1度、気合いをもらう日 

今は救急外来に出向中なので、シフトの都合上、病棟勤務では考えられない、平日の昼間に時間が出来たりします。

昨日は朝9時から夜9時までの勤務で、仕事後は同僚と飲みに行き、気づけばいつも通り、酒に飲まれているパターン(笑)。


世界一周の旅を終えて、劇的に変わったことは、



異常に、


いや、


非常に酒好きになったこと。


旅行前は付き合い酒も少なく、アルコールの必要性を全く感じなかった自分ですが、今はお酒に魅了されています
というか、酒を通じて人とワイワイ飲むのが大好きなんです。

最近あまりに飲み過ぎで、お金の使い方にふと疑問を感じることもあるけれど、まぁ楽しいからいっか、と思考を切り替えています(笑)。



しかし、そんな俺も今日は昨晩の酒を引きずりながらも、朝8時前には起床。
朝一で、最近日課の調布市営屋外プールに行き、日焼け&運動に勤しむ。
その後冷水に打たれて向かった先は、



靖国神社


本当は昨日行きたかったんだけど、仕事で行けなかったので、1日遅れで参拝に行ってきました。

終戦記念日の靖国参拝というと、マスコミや政治家の皆さんの間では、
A級戦犯がどうだの、海外感情がどうだの、とくだらない議論ばかり先行してしまいますが、

俺にとっては、

1年に1度背筋を伸ばして、

国のために、日本の為に、御霊を捧げた先人の先輩方に、
今の平和な日本があることを、
当たり前に“平和な毎日”があることを感謝し、
俺の現状を、日本の現状を、俺なりにご報告に行く日です。


靖国の空気は違う。それこそ、流行のパワースポット以上にパワースポットだと思う。



あの空気感は靖国にしかない。



靖国しかないと思う。




今日、テレビでピーコが
『戦争で亡くなった人は別に戦場だけじゃなくて、東京大空襲とか広島の原爆とか沖縄の地上戦とか、犠牲になった日本人は全国にたくさんいらっしゃる。別に敢えて靖国に参拝に行かなくてもいいと思う。』
みたいな事言ってたけど、あの人どうなんでしょう・・・(笑)。








閑散とした境内でしたが、大鳥居を一つ一つくぐる度に、なんともいえない緊張感が出てきて、自然と背筋が伸びてきます。
圧倒的な空気感。
気合いがないと、靖国の空気に負けてしまいます。
自分自身の内側から気合いが入っていくのがわかります。




まだ、先輩方に胸晴れるようなことは何一つしていませんが、
今生に日本人として生まれた以上、日本の為に、何か役に立ちたい。
小さなことでいいから、何か役に立ちたいと思います。
そして、いつの日か、俺も立派なご報告がしたい。




“時の経過”に忙殺されて、目まぐるしく目の前で“時”が経過していく毎日の中で、
1年に1度こうした時間を持つのはいいもんですね。


[ 2010/08/16 21:08 ] 帰国 其の後 | トラックバック(-) | CM(0)

01/18  最近感じたこと 

年始、1月3日~5日まで新川の我が家にブラジル人が泊まりに来た。

出会いは去年の3月、サンパウロの居酒屋だった。
別の安宿に泊まるポルトガル人の男の子と仲良くなり、ローカルの良い奴と知り合ったと紹介された。

名はサウロ。
カーリーヘアーの青年で、イタリア、スペイン、アラブの血が混じっていると言っていた。
その時は酒の場だったし他愛も無いことを話して終わった。
『年末日本に行くから会えたら会おう。』
、別れ際言われたが、社交辞令だと思っていた。
日本までは30時間、航空運賃も数十万する。ブラジルの物価を考えると、大金も大金だ。



そして、職場復帰し、バタバタしていた昨年末、実家の親父から突然電話があった。
『今サウロさんとか言うブラジル人から電話があった。横浜にいるらしい。携帯番号は・・・、電話欲しいと言っていたぞ。』


早速連絡を取り、年末に急遽会った。
三鷹駅のスタバ前で再会したが、まったく変わらない彼の姿を見て、忘れかけていた旅の1ページを急速に思い出した。
サンパウロでは僅か数時間の出会いだったので、正直ものすごい印象に残っているわけではなかった。


しかし、
“サンパウロの喧騒の中で出会った奴が今目の前に、三鷹にいる。”
というのはたいそう奇妙な感覚だった。


彼は旅先で出会い、日本にやってきた初めての友達である。



3月には、今度はオランダから友達がやってくる。彼女とはアフリカのキャンプツアーで知り合い、その後彼女の町を訪ねている。
彼女の家で夜酒を飲みながら、桜の美しさ・桜を愛でる日本人の感性を力説したら、実際に3月末から4月第2週まで3週間日本に滞在すると言う。
どうしても桜を見たい、本場の寿司を食べたいそうだ。




旅では自分の未熟な英語力が原因で、もどかしい思いをたくさんしてきた。
それでなくても、この国の繊細さや感性の素晴らしさは、我々より大雑把な西洋人には理解しがたい点も多々ある。
しかし彼らは日本に興味を持ち、実際に来てくれた(来てくれる)のだ。



百聞は一見にしかず。
百見は一体験にしかず。



実際にこの国に来て、彼らなりの“日本”を感じ取ってもらえることは、本当に嬉しいし、その機会に立ち会えると言うのは本当に楽しい。


俺は、旅でお世話になった友達に去年クリスマスカードを送っていたのだが、今朝ブラジルでとてもお世話になった友達から手紙が届いた。

『テツと過ごした時間は今でもみんなで思い出すよ。
両親も、カードと、そして君の写真をとても喜んで見ています。
テツ、いつでも我が家にまたおいで。大歓迎だよ。
このカードは大切にします。本当に有難う。
またいつか会えるといいね。』





“思い出”と言うのは、くさい話、お金では量れない、後日買いなおすことの出来ない、一生の財産だ。


生まれ育った日本社会に急速に馴染んでいる自分も、ふとした時にあの旅のことを思い出す。
景色、空気、匂い、食べ物、酒、(おなご)。
他愛も無いことも今となっては貴重な思い出である。



体験を“思い出”と感じるのも自分、“思い出”となる体験をするのも自分である。




こんなことを考えると、一瞬一瞬を無駄にしてはいけないなぁと本当に思う。


俺は欲深い人間だ。まだまだたくさん“思い出”が欲しい。創りたい。

もっと熱く生きなければ!!と血が騒ぐ。


ブラジルにいる彼もいつか日本に必ず来て欲しい。
そして、今度は日本で一緒に“思い出”を創りたい。

[ 2010/01/18 01:52 ] 随筆集(旅を通して感じたこと) | トラックバック(-) | CM(0)

11/14  多田さんへ 

こんにちは、ぽちゃムキンです。
ブログへのコメント有難うございました^^。
メールへ返信できなかったので、一般公開で返信させていただきますね(笑)。
家族と友達にむけてひっそりと作ったブログがこうして多くの方の目に止まるとは、今更ながらインターネットの凄さを感じますね。

バックパッカーの旅はいいですよ~。普通のリッチな旅も好きですが(笑)、それとはまた違った視線で“世界の日常”を見れることが嬉しいです。
僕も大した目的もなく、ただ『世界が見たい!!』という一心で飛び出していきました。
人生は一度きりだし、それならやりたいことを、やれるうちにやっておこうと思ったんです。
谷垣先生のことは本当に偶然テレビで知り、たまたまアフリカに行くことになっていたので、旅程に盛り込んだんです。本当に幸運でした。
でも旅に出たからこそ、実際にお会いできたのも事実。
行動あるのみです!!


僕は正直、身を焦がすような気持ちで打ち込むものはまだ見つかっていません。
それが仕事なのか、家庭なのか、それすらわかりません。
自分の人生の根幹となるものを探し続けています。
そういう意味では、自分探しの旅をしてきて、“未だに自分探しをしている。”と言えるかもしれませんね(笑)。
それ自体がライフワークなのかもしれません。
気づいたら本当にライフが終わっていた、なんてことは避けたいですけど(笑)。

結構医療関係者の方とは旅で会いました。看護師さんは多かったです。多田さんも道中素敵な出会いがあると思います。

いつ出発されるんですか??
唯一無二の素晴らしい旅を!!

Have a great moment of your life and good luck!!
[ 2009/11/14 16:05 ] 日常 | トラックバック(-) | CM(1)

10/09  About Japan 

In July, I went to Kansai, Chugoku, Sikoku districts.

First, I give you some geographic informations about Japan.
Japan is called “island country ” and mainly consists of four big islands. They are Hokkaido, Honshu, Shikoku, and Kyushu in order from north.
The total of islands are 6852. Japan is really an “island country”.
IMG_1432



Hokkaido has a beautiful nature and delicious seafood.
(Of course, we have delicious seafood not only in Hokkaido but everywhere around Japan!! )
Many tourists come especially in Winter to enjoy winter sports with plenty of powder snowjumee☆snowman2L.
Here, I give you some English informations about Hokkaido.
Hokkaido Information(click here)

Honshu is a biggest island in Japan and many famous tourist cities like Tokyo, Kyoto, Osaka, Hiroshima are in Honshu. Mt. Fuji, -our soul, our symbol- is a highest mountain in Japan and it also belongs to Honshu.
Many people climb Mt,Fuji in summer and enjoy watching sunrise and wonderful fine view from the top.
The size of Honshu is about 228000 square kilometers and as big as Great Britain Island.

There are four prefectures in Shikoku.
Shikoku is encircled by Seto Inland Sea and Pacific Ocean. That’s why they also have many kinds of delicious seafood. There are 727 islands in Seto Inland Sea.
Awa Odori-one of most famous Japanese festivals- is held every summer in Tokushima.
Shikoku Information(click here)


Kyushu is famous for hot springs. Yuhuin, Beppu, Ibusuki are traditional spa resorts.
When Japan was a closed country, Dejima in Nagasaki was only a sole trading spot with foreign countries from 17th to the 19th centuries.
Dejima was an artificial island built in the shape of a fun with an area of about only 13000 square meters (not Kilometers!!).
Kyushu Information(click here)


In addition, you should not forget Okinawa.
@Okinawa

There are most beautiful coral reef and beautiful sea in the world.
One famous French diver Jacques Mayol(1927-2001) who traveled all over the world and had a world record of free diving loved Okinawan sea and he came to Okinawa many times.
Okinawa is very popular resort for Japanese.
On the other side, Okinawa has a tragic history in World WarⅡ.
Okinawa was only a place where ground war broke out in Japan and it took a heavy toll in human lives.
We learn “Peace”, “Human Dignity ” from Okinawa, Hiroshima, Nagasaki.
These places are very important for every one.
If you have a opportunity to come to Japan, I want you to visit these places.
Okinawa Information(click here)

Ok, I tell you about Japan in this column.
Next is about my short trip.


Chao!!
@Okinawa



[ 2009/10/09 10:42 ] Diary and column in English | トラックバック(-) | CM(3)

09/01  This Is BUTADOOOOOON!!!!!! 

When you hear “Fast Food”, what do you imagine??
French fries?
Hamburger?
Hot Dog?

I guess most Japanese young men answer ” it is Gyudon or Butadon.”

Gyudon” ,English name is beef bowl, is a bowl of rice topped with cooked slice beef and vegetables.

Beef and vegetables are stewed with Dashi-soup stock-.
Dashi is a mix sauce of soy sauce, ginger, sugar, sweet sake.

I like to eat Gyudon with red pickled ginger and cayenne.
It’s really really fantastic!!!

The reasons of its popularity are ,of course, its taste and price.
You can have, no no no, enjoy it by only less than 3 Euro.

Lastly I show you a pic.

Butadon



If you want to have it, let’s come to Japan!!!




[ 2009/09/01 17:06 ] Diary and column in English | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

ぽちゃムキン

Author:ぽちゃムキン
こちらをどうぞ~

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者数
今現在見てる人
現在の閲覧者数:
星が見える名言集100
今日はどんな日?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。